2013年 日本印刷学会 夏期セミナー

入力から後加工まで−
押さえておくべき最新技術はこれだ!


 デジタル印刷の発展・普及に合わせて、入力技術や後加工技術も確実に進化しています。本をばらさずに高速スキャンする技術やデジタル印刷機とデジタル製本機をつなげて小ロットの書籍印刷を実現した事例を紹介します。また、海外印刷規格より合わせ易いJapanColorの活用法、新聞メディアでの印刷・加工事例をはじめ、缶ビールのパッケージ革命といわれているマルチパックの原紙特性の話や注目のフレキソ印刷技術など、最近話題が満載です。多数の皆様のご参加をお待ちしております。
主 催: (一社)日本印刷学会 事業委員会・夏期セミナー分科会
後 援: (財)印刷朝陽会
協 賛: (一社)日本印刷産業連合会、(一社)日本印刷産業機械工業会、(一社)日本写真学会、(一社)日本画像学会、(一社)画像電子学会、日本新聞製作技術懇話会、紙パルプ技術協会、(一社)色材協会、(社)日本グラフィックサービス工業会
日 時: 2013年7月12日(金)10:00〜16:50
会 場: 大日本スクリーン製造株式会社
門前仲町事業所(ホワイトカンバスMON-NAKA)
〒135-0044 東京都江東区越中島1-1-1 ヤマタネ深川1号館1F
(東京メトロ東西線、都営大江戸線「門前仲町駅」4番出口より徒歩5分
JR 京葉線「越中島駅」1 番出口より徒歩7 分)
【会場地図】

プログラム
10:00-10:10 開会の辞
夏期セミナー分科会主査 小泉 勝
10:10-11:00
1.世界最速ブックスキャナ
大日本印刷(株) 技術開発センター 山田 雅宏
11:00-11:50
2.これからの書籍市場に求められる新製造技術
豊国印刷(株) 取締役生産本部長 岡田 秀樹
昼食 (12:50-13:00)
13:00-13:50
3.海外の印刷規格とJapanColorの普及と活用
(一社)日本印刷産業機械工業会 技術部 友永 義行
13:50-14:40
4.新聞メディアとデジタル印刷の最新動向

(有)メディアテクノス 代表取締役 井上 秋男
休憩 (14:40-15:10)
休憩時間を利用して「ホワイトカンバスMON-NAKAショールーム」の見学が可能です。
15:10-16:00
5.
軟包装フレキソ印刷・インキ概論
東洋インキ(株) プリンティング技術統括部 須藤 馨
16:00-16:50
6.缶ビール用6缶パックについて  ― マルチパックの業態と今後の展開
レンゴー・リバーウッド・パッケージング(株) 取締役部長 中谷 康志

定 員: 80名
参加費: 会員・協賛学会員・協賛団体会員=12,000円、教職員・学生=7,000円、非会員=18,000円(いずれもテキスト代を含む)
連絡先: (社)日本印刷学会 夏期セミナー係
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8 日本印刷会館内
電話:03-3551-1808 FAX:03-3552-7206
E-mail:nijspst-h@attglobal.net
申込方法:

web上のフォームからお申し込み下さい。
(webがご利用になれない場合、聴講者氏名、所属、連絡先を明記してEメールまたはFAXでお申し込み頂くことも可能です)

参加費払込: 参加費は当日会場受付でお支払ください。
お断り: 事情によりプログラムまたは講師を変更する場合があります。