2015年 冬期セミナー

〜新技術への取り組みと品質安定の両立へ〜

 激動する時代に求められる印刷品質とは何か。本セミナーでは上流から下流までの品質を高める試みを知恵と工夫で乗り切る標準化技術の動向をお伝えします。
 また、ビジネスモデルに対応したデジタル印刷機、後加工機の組み合せによるパフォーマンスの最大化、情報記録用紙の最新情報や印刷産業環境優良工場の活動をご紹介致します。
 皆様の参加をお待ちしております。
主 催: (一社)日本印刷学会 事業委員会・冬期セミナー分科会
後 援: (一財)印刷朝陽会
協 賛: (一社)日本印刷産業連合会、(一社)日本印刷産業機械工業会、日本新聞製作技術懇話会、紙パルプ技術協会、(一社)色材協会
日 時: 2015年2月13日(金)9:30〜17:00
会 場: (株)SCREENホールディングス 門前仲町事業所 (ホワイトカンバスMON-NAKA)
〒135-0044東京都江東区越中島1-1-1ヤマタネ深川1号館1F(東京メトロ東西線、都営大江戸線「門前仲町駅」4番出口より徒歩5分、JR京葉線「越中島駅」1番出口より徒歩7分)
【地図】

プログラム
9:30-9:35 開会の挨拶
冬期セミナー分科会主査 白沢 栄
9:35-10:35
1.色品質における品質保証 ジャパンカラーと標準化の取り組みについて〜  
凸版印刷(株) 製造統括本部 課長 竹村 法孝
10:35-11:35
2.品質向上! RGB&デジタルワークフローの最新動向
大日本印刷(株) 技術開発センター プリメディア研究所 杉山 徹
昼食 (11:35-12:45)
12:45-13:45
3.ポストプレス視点で流れを変える 〜デジタル印刷で実現する書籍製本〜
ホリゾンインターナショナル(株) 販売開発部 部長 衣川 竜二
13:45-14:45
4.レスポンス率を劇的に向上させる新しい広告モデルの事例紹介 〜Prosper S-seriesによるハイブリッド印刷〜
コダック(同) DPS本部兼情報コミュニケーション営業本部 執行役員 河原 一郎
休憩  (14:45-14:55)
14:55-15:55
5.情報記録用紙の基礎と最近の動向 〜感熱紙、ノーカーボン紙〜
日本製紙(株) 総合研究所 主席研究員  荻野 明人
15:55-16:55
6.第13回印刷産業環境優良工場 経済産業大臣賞受賞 「六三印刷(株)水沢工場」
六三印刷(株) 代表取締役社長 島村 信彦
16:55-17:00 閉会の挨拶  

定 員: 80名
参加費: 会員・協賛会員・協賛団体所属会員12,000円、
教職員・学生7,000円、非会員:18,000円
(いずれもテキスト代を含む)
連絡先: (一社)日本印刷学会 冬期セミナー係
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8 日本印刷会館内
電話:03-3551-1808 FAX:03-3552-7206
E-mail:nijspst-h@attglobal.net
申込方法: 必ずweb上のフォームからお申し込み下さい。
(HPがご利用になれない場合に限り、聴講者氏名、所属、連絡先を明記してEメールまたはFAXでお申し込み頂くことも可能です)
参加費払込: 参加費は当日会場受付でお支払ください。
お断り: 事情によりプログラムまたは講師を変更する場合があります。