2015年度 オフセット印刷技術研究例会
オフセット印刷技術の基礎と新たな可能性 –品質安定化による付加価値の追求-


  オフセット印刷の技術が進歩していく中、トラブルを未然に防いで品質安定化を図るために必要な基礎技術を今一度見直したいと考えております。また、オフセット印刷の技術には様々な未来と可能性が広がっていると信じております。その可能性の一端として、印刷物の付加価値を高める技術に第一線で携わっておられる先生に今回ご講演をお願いしました。皆様のお仕事にも参考になると存じます。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。
主 催: (一社)日本印刷学会 技術委員会 オフセット印刷技術研究会
協 賛: 〔予定〕(一社)日本印刷産業連合会、(一社)日本印刷産業機械工業会、(一社)日本写真学会、(一社)日本画像学会、(一社)画像電子学会、日本フォーム印刷工業連合会、紙パルプ技術協会
日 時: 2015年11月6日(金) 9:00〜16:30
会 場: 富士フイルム株式会社(東京ミッドタウン本社) 東京都港区赤坂9-7-3 
(会場が例年と異なりますのでご留意願います。)
【地図】

プログラム
9:00 - 9:05  開会の挨拶
9:05 - 9:55
1.グラフィックトライアルにみる、印刷表現の多様性と可能性
久保田秀明(凸版印刷(株))
休憩 (10:45-11:00)
9:55 - 10:45
2.「軟包材用のオフセット印刷機とデジタル印刷機
天野剛、藤原鈴司((株)ミヤコシ)
11:00 - 11:50
3.印刷機「トラブル削減でコスト削減−メンテナンスでここまで変わる!」
田中剛(ハイデルベルグジャパン(株))
昼食 (11:50-12:50)
12:50 - 13:40
4.ロール「進化するオフセット印刷技術に沿ったロールメンテナンスや印刷ロールの技術情報」
浅尾栄次(テクノロール(株))
13:40 - 14:30
5.刷版・湿し水「刷版・湿し水の基礎と最新動向」
白石裕一(富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株))
休憩 (14:30-14:45)
14:45 - 15:35
6.インキ「オフセットインキの基礎と高付加価値印刷最新動向」
小林基樹(DICグラフィックス(株))
15:35 - 16:25
7.印刷用紙 「印刷用紙に見る「環境」という付加価値とは」
長田雅一(三菱製紙(株))
16:25 - 16:30 閉会の挨拶

定 員: 100名(定員になり次第締切)
参加費: 会員(正会員・賛助会員)・協賛会員10,000円,非会員12,000円
(いずれもテキスト代を含む)
連絡先: (一社)日本印刷学会
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8 日本印刷会館内
電話:03-3551-1808 FAX:03-3552-7206 
E-mail:nijspst-h@jspst.org
申込方法: 日本印刷学会のホームページのweb上のフォームからの参加登録をお願いします。本シンポジウムを選択してお申し込みください。
(HP がご利用になれない場合は、聴講者氏名、所属、連絡先を明記して FAX でお申し込み頂くことも可能です)
参加費払込: 参加費は当日会場受付でお支払ください。
お断り: 事情によりプログラムまたは講師を変更する場合があります。