グラビア研究会 第10回ミニシンポジウム
−パッケージングにおける最新デジタル印刷技術−

 デジタル技術の進歩は、留まることを知らない。不可能を可能にするデジタル印刷技術は、パッケージングをどのように変えていくのであろうか。drupa開催の年でもあり、最新の情報を盛り込んでデジタルとグラビアの関わりに着目した講演を企画しました。皆様の参加をお待ち申し上げます。
 なお、勉強会の参加費には、印刷博物館の入館券(250円)が含まれています。講演会後には、希望者へのVRシアター(バーチャル映像)の鑑賞を講演会後に企画しています。定員制の為、講演会参加申し込み時に、併せてお申込みください。印刷博物館及びギャラリーにつきましては閉館時間(18:00)まで自由に観覧でき、印刷に纏わる貴重な展示をお楽しみいただけます。

主 催: (一社)日本印刷学会 技術委員会 グラビア研究会
協 賛: 関東グラビア協同組合連合会、全国グラビア製版工業会連合会
日 時: 2016年9月8日(木)13:00〜16:00
(受付は12:15から博物館入口(B1F)付近の特設受付にて)
会 場:

印刷博物館 グーテンベルグ・ルーム(B1F)
〒112-8531 東京都文京区水道1-1-3 トッパン小石川ビル
電話:03-5840-2300
【会場地図】
JR・地下鉄 飯田橋駅から徒歩13分(JR飯田橋駅東口/地下鉄B1出口)
地下鉄 江戸川橋駅から徒歩8分(地下鉄4番出口)
地下鉄 後楽園駅から徒歩10分(地下鉄1番出口)


プログラム
13:00-13:40
1.「パッケージングにおけるデジタルの流れ」 (40分)
ジーエーシティ(株) 堀本 邦芳

 drupa2012でHPがIndigo20000を発表してから軟包装のデジタル化の流れは加速した。すでに先行してIndigo WS6600で2013年に行われたShare a Cokeキャンペーンでは欧州35カ国の各国で150名の良くあるFirst Nameを用いて、10億枚を超えるカスタムラベルを作成し、350mlと1Lボトルに貼り込んだ。大型化したIndigo20000はその生産性を飛躍的に拡大した。これで軟包装もデジタルの流れができ、drupa2016で、他の大手デジタル印刷メーカーがこの市場に参入を開始した。

13:40-14:20
2.「食品パッケージ用グラビア印刷の課題 -VOCと小ロット」 (40分)
富士特殊紙業(株) 杉山 仁朗

 「VOC」削減を目的とした『水性グラビア印刷』が、自社総印刷数量の8割を超えた現状と、当社だけではなくグラビア印刷業界が抱える小ロット多品種の課題、その突破口として開発した『デジタル印刷』と『水性グラビア印刷』を融合させた『FUJI・M・O®』を、開発秘話をまじえ紹介する。

休憩 (14:20-14:30)

14:30-15:10
3.「drupa 2016でのLanda Nanographyの進化は?
 (40分)

(株)小森コーポレーション 吉川 武志

 2012年のdrupaで初出展して以来、Nanography技術を熟成してきたLanda社。drupa 2016の直前から多くの情報を流し始め、会場での動態プレゼンは完全予約制で毎回満席。ブースでは4年前のコンセプト機から実用機への進化を実機デモでアピール。その実態と最新情報について説明する。

15:10-16:00
4ガイドツアー及びVRシアター
 印刷博物館のガイドの方から、印刷の歴史に触れていただける様にパンフレットに沿って印刷博物館の見所を紹介した後、入れ替え制にてガイドツアーおよびVRシアターにご案内します。ガイドツアーではプロローグゾーンのガイドツアーにご案内します。また、VRシアター(VRシアターは定員制)では、デジタル技術を駆使した視野角120°の幅12mの巨大局面スクリーンにてバーチャル映像を体験していただきます。
・上映時間: 20分程度(15:15〜、15:40〜)
・上映演目: 「絢爛 安土城」

定 員:

48名(定員になり次第締め切ります)

締切り: 2016年9月2日(金)
印刷博物館内の施設を使用する都合上、当日参加はご遠慮ください。
参加費:

5,000円(日本印刷学会 個人会員・賛助会員、関東グラビア協同組合連合会会員、全国グラビア製版工業会連合会会員)
8,000円(その他)

参加費払込: 参加費は当日会場受付にてお支払いください(できるだけ釣銭の無い様ご準備願います)。
申込方法:

web上のフォーム からお申し込み下さい。
(HPがご利用になれない場合に限り、聴講者氏名、所属、連絡先を明記してE-mailまたはFAXでお申し込み頂くことも可能です)

連絡先: (一社)日本印刷学会 事務局
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
電話:03-3551-1808 FAX:03-3552-7206
E-mail:nijspst-h@jspst.org URL:http://www.jspst.org/
ご注意: 申込み後の無断欠席は、ご容赦願います。定員に達して、お断り者が居る場合の無断欠席に関しましては、講演要旨と引き換えに参加費をお申し付けする場合がありますのでご注意ください。講演要旨のみのご購入をご希望の方は、講演会終了後に事務局にお問合せください。
その他: 印刷博物館の受付付近(B1F)の特設受付にて、参加費をお支払いください(特設受付時間は  12:00から講演開始時間まで)。入館券と参加登録票をお受取りになり、入館して講演会場(グーテンベルク・ルーム)にお進みください。13:00以降は、博物館受付にて参加登録票をお受取りください。
お断り: 終了時間は予定であり,多少前後します。
事情によりプログラムまたは講師を変更する場合があります。