西部支部 2017夏季セミナー

UV 印刷を取り巻く
最新の技術動向

 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別なるお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、印刷学会西部支部では夏季セミナーを開催します。今回は、省電力UV 印刷機の導入が急速に進んでいる状況を踏まえて、UV 印刷関連の最新技術動向をコンパクトにまとめて紹介します。
 ご多用とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご参加くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

主 催: (一社)日本印刷学会西部支部
協 賛: 大阪府印刷工業組合・兵庫県印刷工業組合
日 時: 2017年6月15日(木) 13:00〜17:00(12:30より受付)
会 場: モリサワ本社 4階セミナーホール
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東2-6-25
Tel: 06 ‒ 6649 ‒ 2151
地下鉄御堂筋線・四つ橋線 大国町駅(1番出口2分)
【会場地図】

プログラム
13:00-13:05 開会の挨拶
(⼀社)日本印刷学会 西部支部 支部長  出井豊二
13:05-14:00
1.LED-UVを利用した高付加価値印刷と環境対応
お客様に新しい付加価値を提供し続けている会社「ジャパン・スリーブ」のLED-UV印刷への取組みをリアルに紹介する。

株式会社ジャパン・スリーブ 部長 板倉 英二
14:00-14:55

2.水なし印刷の基礎と水なしUV 印刷について
環境に優しい印刷方式である水なし印刷の基礎と、更には水なしUV印刷の特徴、注意点などについて再考する。

東レ株式会社 印写販売部 青木 新悟
15:05-16:00

3 プロセスレスプレートの最新動向
刷版においては「機上現像型の無処理CTP」の導入が進んでいる。今回は、リリースされたばかりの「高感度UV印刷」対応の「新無処理CTP 版」の実力を探る。

         富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 技術一部 部長 西川 博史
16:00-16:55
4 .省電力UVインキとパウダーレス油性インキの最新技術
 UV インキや省電力UV インキの特徴とその使用例を、油性インキと比較して分かり易く語る。

株式会社T&K TOKA 技術本部 研究第二グループリーダー 伊津 耕一

定 員: 80名(申込順、定員になり次第締切ます)
参加費: 会員4, 000円、非会員7, 000円(いずれも要旨集含む)
※大阪府印刷工業組合, 兵庫県印刷工業組合の組合員は会員扱いとなります。
申込方法: web上のフォーム からお申し込み下さい。
参加費: 当日現金払い (領収書をご用意いたしております。お釣りのないよう参加費のご用意をお願いいたします。)
お断り: 事情によりプログラムまたは講師を変更する場合があります。