西部支部 2019秋季セミナー

印刷の基盤技術
印刷材料の基礎と最新動向を知る

 印刷産業では、多様な製品が生産されます。他方、最近重要性を増している、SDGsの目標を企業活動に取り入れながら環境のみならず多方面への持続性への配慮が求められています。それゆえ、印刷の基本となる資材の基礎技術を踏まえた最新の動向を理解しておく必要があります。
つまり、印刷産業では生産効率を高めるために、印刷のデジタル化やIoT、AIの適用を進める一方で、脱プラスチックや廃棄物への配慮が社会から求められています。今回のセミナーでは、オフセット印刷からデジタル印刷の基盤となる、ソフト、材料の基礎技術と最新動向について学びます。ご多用とは存じますが、多数のご参加をお待ち申し上げます。

主 催: (一社)日本印刷学会西部支部
協 賛: 大阪府印刷工業組合・兵庫県印刷工業組合
日 時: 2019年9月6日(金) 13:25〜17:00(13:00より受付)
会 場: モリサワ本社 4階セミナーホール
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東2-6-25
Tel: 06 ‒ 6649 ‒ 2151
地下鉄御堂筋線・四つ橋線 大国町駅(1番出口2分)
【会場地図】

プログラム
13:25-13:30 開会の挨拶
(⼀社)日本印刷学会 西部支部 支部長  木下 広行
13:30-14:20
1.印刷用紙の技術
   デジタル技術で“紙媒体”を再定義する
   〜紙の基礎からメディアとしての最新トレンドまで〜

三菱製紙株式会社 洋紙事業部 印刷・情報用紙営業部
 技術サポートグループ  木村 篤樹
14:20-15:10
2.印刷インキの技術
   〜UVインキ・UV印刷で印刷物の付加価値を高める〜


東洋インキ株式会社 カスタマーサポート本部
西日本サポート部 部長  下川 英昭
15:20-16:10
3 刷版の技術
   〜CTP刷版の基礎知識と最近の動向について〜

         富士フィルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
 技術本部 大阪技術部   荒井 学
16:10-17:00
4 .印刷ソフトの技術
   〜印刷トラブルを防ぐ、出力環境に依存しないデータ制作の技術動向


株式会社SCREENグラフィックソリューションズ
 AP開発部   松久 剛

定 員: 80名(申込順,定員になり次第締切ます)
参加費: 会員4, 000円,非会員7,000円,学生500円(いずれも要旨集含む)
※大阪府印刷工業組合,兵庫県印刷工業組合の組合員は会員扱いとなります.
申込方法: web上のフォーム からお申し込み下さい.
参加費: 当日現金払い (領収書をご用意いたしております.お釣りのないよう参加費のご用意をお願いいたします)
お断り: 事情によりプログラムまたは講師を変更する場合があります.