2010年(社)日本印刷学会 第123回 春期研究発表会
プログラム
日 時: 平成22年6月17日(木)〜18日(金)
会 場: 日本印刷会館2階会議室 〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
交 通: 地下鉄有楽町線新富町駅3分、JR線・地下鉄日比谷線八丁堀駅下車 徒歩5分
一般講演時間は20分(講演15分、質疑応答5分)
第1日目:6月17日(木)
【一般発表:印刷、デジタルプレス】(10:00〜12:10) <座長:細川久雄,小泉勝>
A-01 印刷物によるバリアフリー・コミュニケーション・システム(第4報):広がるSPコードとスピーチオプラス
(廣済堂スピーチオ販売(株))○深見拓史
A-02 高精度スクリーン印刷技術の開発:メッシュ変形挙動の検討
((株)日立製作所)○牛房信之,瀬戸政行
A-03 電子写真の定着における印刷用紙の適用範囲拡大
(富士ゼロックス(株))○中津原誠也,渡邊翔,福田雄一,岩岡一浩
休憩(11:00〜11:10)
A-04 低温溶融トナーのマイクロカプセル化による安定化(第4報):帯電特性及び印刷適性の評価
(千葉大学産学連携・知的財産機構)○鄭京模,小関健一,田中康弘,日暮久乃,江藤桂
A-05 画像部および非画像部をアルミニウムとする平版に関する基礎的研究
(東京工芸大学工学部)○二見一男,関本沙羅,石井清哉,伊藤美咲
A-06 UV水なし高精細印刷におけるLCCO2からカーボンオフセットへの展開事例
(早稲田大学大学院)○清水宏和
昼食(12:10 〜13:10 )
会長挨拶(13:10〜13:20) (社)日本印刷学会 佐藤利文 <座長:北村孝司>
特別講演I(13:20〜14:20): <座長:北村孝司
特-1 高付加価値印刷:立体印刷技術HALSについて
(グラパックジャパン(株))湯本好英

技術賞受賞講演(14:20〜15:20): <座長:北村孝司

技-1 枚葉多色印刷機圧胴ジャケットの開発
(東京印刷機材トレーディング(株))横山和弘
技-2 無処理サーマルCTP版材(ET-S・ET-SH)の開発
(富士フイルム(株))園川浩二
休憩(15:20〜15:30)
【一般発表:イメージングマテリアル】(15:30〜16:30) <座長:田中重雄>
A-07 光カチオン重合性ジェットインクの重合挙動に及ぼす水分の影響
(千葉大学大学院)○大塚健祐,小関健一
A-08 532nm対応高感度フォトポリマーの設計とホログラム記録への応用
(千葉大学大学院)○山口竜輝,小関健一
A-09 405nm対応高感度フォトポリマーの設計およびホログラム記録
(千葉大学大学院)○高橋直大,小関健一
休憩(16:30〜16:40)
【一般発表:画像生成・処理・出力】(16:40〜17:40) <座長:岡敬市> 
A-10 デザイン性を重視したセキュリティエレメントの開発とその発展性
((独)国立印刷局)○木内進,木内正人,大嶋一矢,佐藤加代子,木村俊弘
A-11 CGを活用した立体印刷物用指向性画像生成手法
(大日本印刷(株))○佐波晶
A-12 金箔質感のハードコピー再現
(凸版印刷(株))◯長谷川隆行,飯野浩一,中口俊哉,津村徳道
交流会(17:50〜20:00)会場:日本印刷会館


第2日目:6月18日(金)
【一般発表:新イメージングプロセス】(10:00〜11:00) <座長:勝田晴彦>
A-13 二色性染料含有カイラルネマチック液晶を用いた電子ペーパーの表示特性
(千葉大学)○師岡泰久,中村佐紀子,宮川信一,北村孝司
A-14 発消色型カラーリライタブル媒体へのレーザー記録
(千葉大学)○森幹夫,村上聡,中村佐紀子,宮川信一,北村孝司
A-15 トナーディスプレイ方式電子ペーパーのマトリックス駆動
(千葉大学)○鎌田のぞみ,李在学,中村佐紀子,宮川信一,北村孝司
休憩(11:00〜11:10)
【一般発表:計測・品質管理・生産管理】(11:10〜12:10) <座長:内藤郁夫>
A-16 周波数分析に基づくインキ着肉むらの定量的評価
(東京工芸大学*,三菱製紙(株)**)○高杉恭平*,東吉彦*,藤田幸英**,犬井正男*
A-17 デジタルカメラ入稿ガイドVer.2の作成
(大日本印刷(株))○山田和博
A-18 真空紫外光を利用したガスバリアフィルム作製技術の開発
(共同印刷(株))○渕田泰司,高橋敦
昼食(12:10〜13:10)
特別講演II(13:10〜14:10) <座長:野村昭寛>
特-2 電子ペーパーの最新技術 ((株)リコー)鈴木明
休憩(14:10〜14:20)
【一般発表:超微細印刷・マイクロパターン】(14:20〜16:00) <座長: 藤田実>
A-19 マイクロパターン培養器「CytoGraph」の製造技術確立と応用展開
(大日本印刷(株))○岡崎拓矢
A-20 位相型階調マスクのレーザー加工への応用:インクジェットノズル孔のテーパ形状制御
(大日本印刷(株))○谷口幸夫
A-21 水なし平版を用いた新規“剥離オフセット印刷”の開発
(東レ(株))○川本一成,吉田智之,後藤一起
A-22 導電性インクを使った紙の上での微細構造形成
(東京大学大学院)○堂込一智,江前敏晴,磯貝明
A-23 グラビアオフセット印刷方式向け導電インキの開発
(DIC(株))○義原直,岡本朋子,千手康弘,片山嘉則
閉    会

参加登録費:

正会員;8,000円、学生会員;1,000円、賛助会員社員;8,000円、非会員;16,000円(予稿集を含む。事前申込ですが、当日会場でも受け付けます)(予稿集のみ;5,000円)
非会員は,会員登録することにより正会員として参加登録できます。

交 流 会: 講演者と参加者の懇親を深めるため,第1日目の夕方に交流会を開催します。皆様お誘い合せの上、気楽にご参加ください。発表者は無料となります。
日 時:2010年6月17日(木)17:50〜20:00
会 場:日本印刷会館会議室(予定)
参加費:一般2,000円(当日会場で受け付けます)、発表者は無料
申込方法: 必ずweb上のフォームからお申し込み下さい。
(webがご利用になれない場合に限り、聴講者氏名、所属、連絡先を明記してEメールまたはFAXでお申し込み頂くことも可能です)
連 絡 先: (社)日本印刷学会事務局
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8 日本印刷会館内
電話:03-3551-1808 FAX:03-3552-7206 E-mail: nijspst-h@attglobal.net
委 員: 北村孝司(委員長,千葉大),佐藤利文(副委員長,東京工芸大),野村昭寛(副委員長,大日本スクリーン製造),岡敬市(印刷局研究所),奥野敬(富士フイルム),勝田晴彦(DIC),小泉勝(凸版印刷),田中重雄(コニカミノルタ),鈴木佳子(京都女子大),内藤郁夫(九州産業大),長瀬公一(東レ),馬場英明(三菱製紙),藤田実(共同印刷),二見一男(東京工芸大),細川久雄(大日本印刷),湯浅友典(室蘭工業大)