2010年(社)日本印刷学会 第124回 秋期研究発表会
プログラム
日 時: 平成22年11月19日(金)
会 場: (株)モリサワ 会議室Aホール
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東2-6-25 電話:06-6649-2155
交 通: 大阪市営地下鉄御堂筋線・四つ橋線 大国町駅下車(1番出口から2分)
一般講演時間は20分(講演15分、質疑応答5分)
○印は講演者 
一般講演「新イメージングプロセス」(1)(9:40〜10:40) <座長:野村昭寛>
A-01 印刷媒体を用いたアニメーション表示技術
(東京都市大学大学院視覚メディア研究室)○平松大明、包 躍、大石則司
A-02 モアレ干渉法を用いた立体紙面アニメーション 
(東京都市大学)○山崎航平、包 躍、大石則司
A-03 塗布型酸化物半導体を用いた薄膜トランジスタ作製
(凸版印刷(株)総合研究所)○池田典昭、村田広大、宮崎ちひろ、原田ゆかり、伊藤 学
休憩(10:40〜10:45)
一般講演「新イメージングプロセス」(2)(10:45〜11:45) <座長:藤田 実>
A-04 トナーディスプレイの表示特性の向上
(千葉大学大学院融合科学研究科)○見村由希也、中村佐紀子、宮川信一、北村孝司
A-05 カプセル型電気泳動方式電子ペーパーの表示特性の向上
(千葉大学大学院融合科学研究科)○藤田直人、中村 卓、中村佐紀子、宮川信一、北村孝司
A-06 紙を基板とした分散型EL素子の特性評価
(東京工芸大学大学院工学研究科メディア学専攻)○本間 壮、星野行穂、佐藤利文
昼食(11:45〜12:35)
会長挨拶(12:35〜12:45) (社)日本印刷学会会長 佐藤利文
特別講演(12:45〜13:35) <座長:北村孝司
特-1 可食性インクを使った果物、卵へのインクジェット記録の取り組み
(紀州技研工業(株))飯田保春
休憩(13:35〜13:40)
一般講演「印刷およびデジタルプレス、画像生成・処理・出力、計測・品質管理・生産管理」
(13:40〜14:40)
 <座長:細川久雄>
A-07 高精度スクリーン印刷技術の開発:強伸度バランスメッシュの検討 
((株)日立製作所生産技術研究所)○牛房信之
A-08 デザイン性を重視したセキュリティエレメントとその背景
(独立行政法人国立印刷局)○木内 進、木内正人、木村俊弘、佐藤加代子、大嶋一矢
A-09 網点面積によるインキ層の厚さ変化を考慮した印刷色予測モデルの検討
(東京工芸大学工学研究科)○東 吉彦、高杉恭平、犬井正男
休憩(14:40〜14:45)
一般講演「イメージングマテリアル」(14:45〜15:55) <座長:内藤郁夫>
A-10 ラマン分光法によるUVスクリーンインキの硬化挙動の解析
(独立行政法人国立印刷局研究所)○内田明日香、加藤 亮
A-11 Printed functionality on a multilayer coated paper
(Åbo Akademi University, Finland)○Jarkko J. Saarinen, Roger Bollström, Anni Määttänen,
Petri Ihalainen, Jouko Peltonen, and Martti Toivakka
A-12 Influence of Plasma Surface Modification on Printability of Coated Paper (招待講演)
(Åbo Akademi University, Finland)○Martti Toivakka, Maiju Pykönen
休憩(15:55〜16:05)
一般講演「超微細印刷・マイクロパターン」(16:05〜16:45) <座長:小泉 勝>
A-13 ナノインプリント用テンプレート製造技術
(大日本印刷(株)研究開発センター)○伊藤公夫
A-14 体積型ホログラムの階調及び色再現性の評価
(大日本印刷(株)研究開発センター)○佐藤 純、山内 豪、門座上実、
渡部壮周、久保田敏弘

参加登録費: (発表者、聴講者共)正会員、賛助会員社員;7,000円、学生会員;1,000円、非会員;14,000円(予稿集を含む。事前登録制です。)(予稿集のみ;5,000円)
申込方法: 必ずweb上のフォームからお申し込み下さい。
(webがご利用になれない場合に限り、聴講者氏名、所属、連絡先を明記してEメールまたはFAXでお申し込み頂くことも可能です)
連 絡 先: (社)日本印刷学会事務局
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8 日本印刷会館内
電話:03-3551-1808 FAX:03-3552-7206
E-mail: nijspst-h@attglobal.net
委 員: 北村孝司(委員長、千葉大学)、野村昭寛(副委員長、大日本スクリーン製造)、湯浅友典(室蘭工業大学)、岡 敬市(国立印刷局研究所)、勝田晴彦(DIC)、小泉 勝(凸版印刷)、田中重雄(コニカミノルタエムジー)、鈴木佳子(京都女子大学)、奥野 敬(富士フイルム)、内藤郁夫(九州産業大学)、長瀬公一(東レ)、馬場英明(三菱製紙)、二見一男(東京工芸大学)、藤田 実(共同印刷)、細川久雄(大日本印刷)