2013年(一社)日本印刷学会 第129回 春期研究発表会
プログラム
広がりゆくプリンティング技術
日 時: 平成25年5月30日(木)〜5月31日(金)
会 場: 日本印刷会館2階会議室 〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
交 通: 地下鉄有楽町線新富町駅3分、JR線・地下鉄日比谷線八丁堀駅下車 徒歩5分
一般講演時間は20分(講演15分、質疑応答5分)
○印は講演者
第1日目:5月30日(木)

【一般発表:印刷プロセス】(10:00〜11:40)
<座長:細川 久雄、中谷 康一>

A-01 オフセット印刷用紙の発色性に関する調査
(大日本印刷(株))○細野 千明,佐々木 洋介
A-02 オフセット印刷時に紙に付着する湿し水の定量評価と湿し水の性状が印刷品質に与える影響
(日本製紙(株)) ○石崎 雅也,吉本 孝士,河崎 雅行,南藤 和也
A-03 グラビア輪転印刷機の見当制御に関する研究オーバーサンプリング制御による見当変動抑制(第2報)
(大日本印刷(株))〇岩崎 圭亮,大友 秀昭,秋山 亮
A-04 CTP用支持体高表面積化技術 -MGV技術からその先へ
(富士フイルム(株))○田川 義治,黒川 真也,松浦  睦,宮川 侑也,澤田 宏和
A-05 高速 定形封筒区分け結束システムの開発
(共同印刷(株))井口 弘之,○村山 真也,藤井 拓馬
昼食(11:40 〜12:55)
会長挨拶(12:55〜13:00) (一社)日本印刷学会 佐藤利文 <座長:面谷信>
特別講演I(13:00〜13:50) <座長:北村 孝司、青島 徳生>
特-1 3Dプリンターの現状と可能性
((株)スリーディーシステムジャパン)小林 広美

技術賞受賞講演(13:50〜14:20) <座長:北村 孝司、青島 徳生>

技-1 デザイン性を重視したセキュリティエレメントの開発
((独)国立印刷局)木内 正人
休憩(14:20〜14:30)
【一般発表:印刷材料】(14:30〜15:50)
<座長:勝田 晴彦、土井 邦博> 
A-06 蒸発光散乱法と顕微赤外分光法を併用したGPCによる高分子成分の同定 
(凸版印刷(株))○中村 喜美枝,藤井 崇
A-07 カチオン重合系フォトポリマー材料の重合時体積変化挙動のその場測定
(千葉大学大学院)○猪股 智,小関 健一
A-08 高感度高柔軟性UVインクジェット用インク技術の開発
((富士フイルム(株))○佐藤 武彦
A-09 インクジェット印刷を用いた紙基板上微小流路の作製と応用
(筑波大学,東京大学*)許 銀超,○江前 敏晴,前島 健人*,磯貝  明*
休憩(15:50〜16:00)
【一般発表:パターニング応用技術】(16:00〜17:00)
<座長:二見 一男、野村 昭寛> 
A-10 導電性グラビアオフセットインクの開発 
(DIC(株))○千手 康弘,片山 嘉則
A-11 フレキシブル色素増感太陽電池の開発
(凸版印刷(株),東京理科大学*)○柴山 直之,工藤 智弘*,室屋 尚吾*,小澤 弘宜*,荒川裕則*
A-12 印刷法による有機TFTの作製とフレキシブル電子ペーパーへの応用
(凸版印刷(株))○鈴木 剛史
交流会(17:10〜19:00)会場:日本印刷会館


第2日目:5月31日(金)
【一般発表:画像信号処理・色彩】(10:00〜11:40)<座長:野村 昭寛、梶山 秀樹>
A-13 電子ディスプレイ向けPDFファイルの最適化技術
(大日本印刷(株))○茂出木 敏雄
A-14 変換誤差分散フィルタを用いたハイブリッドスクリーニングの基礎研究
(NECエンジニアリング(株),千葉大学大学院*)○金松 憲,永田 稔,青木 直和*,小林 裕幸*
A-15 主観評価実験に基づいたシアターの適正色管理
(凸版印刷(株))○田中 貴也,稲村  崇,飯野 浩一
A-16 光源変化による色調変動量を極小化する手法
(大日本印刷(株))○井戸 祥人,杉山 徹
A-17 ディスプレイと印刷物の色比較のための照度条件の検討 (III)  
(東京工芸大学)○東 吉彦,波多野 公大,犬井 正男
昼食(11:40〜12:50)
特別講演II(12:50〜13:40) <座長:面谷 信、二見 一男>
特-2 新聞の電子化と現状の課題
((株)毎日新聞社)小野寺 尚希
休憩(13:40〜13:50)
特別講演III(13:50〜14:40) <座長:面谷 信、二見 一男>
特-3 学術電子ジャーナルの最近のトピック:多面的に連携する論文情報と紙面の意義
(文部科学省科学技術政策研究所 (NISTEP))林 和弘
休憩(14:40〜14:50)
【一般発表:新技術・新分野・セキュリティ】(14:50〜16:30) 
<座長: 谷口 昌、小泉 勝>
A-18 オーバーコート層の塗布プロセス開発
(大日本印刷(株))〇中野 公一
A-19 非線形視差制御による立体映像生成
(凸版印刷(株))○岸 啓補
A-20 走査型電子顕微鏡による静電荷像観察 -電位測定及び形状観察-
(東海大学大学院)○熊谷 直太郎,面谷 信
A-21 楽譜印刷の歴史を考える(1)−Attaingnantの音楽活字による楽譜印刷−
(精華女子短期大学,国立音楽大学附属図書館*,九州産業大学**)
○芝木 儀夫,長谷川 由美子*,内藤 郁夫**
A-22 楽譜印刷の歴史を考える(2)−Breitkopfの細分活字による楽譜印刷−
(精華女子短期大学,国立音楽大学附属図書館*,九州産業大学**)
芝木 儀夫,長谷川 由美子*,〇内藤 郁夫**
閉会挨拶(16:30〜16:35)

参加登録費:

正会員;8,000円、学生会員;1,000円、賛助会員社員;8,000円、非会員;16,000円(予稿集を含む。事前申込ですが、当日会場でも受け付けます)(予稿集のみ;5,000円)
非会員は,会員登録することにより正会員として参加登録できます。

交 流 会: 講演者と参加者の懇親を深めるため,第1日目の夕方に交流会を開催します。皆様お誘い合せの上、気楽にご参加ください。発表者は無料となります。
日 時:2012年5月30日(木)17:10〜19:00
会 場:日本印刷会館会議室(予定)
参加費:一般2,000円(当日会場で受け付けます)、発表者は無料
申込方法: 必ずweb上のフォームからお申し込み下さい。
(webがご利用になれない場合に限り、聴講者氏名、所属、連絡先を明記してEメールまたはFAXでお申し込み頂くことも可能です)
連 絡 先: (一社)日本印刷学会事務局
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8 日本印刷会館内
電話:03-3551-1808 FAX:03-3552-7206
E-mail: nijspst-h@attglobal.net
委 員:

面谷 信(委員長、東海大学)、野村昭寛(副委員長、大日本スクリーン製造)、梶山秀樹(国立印刷局)、青島徳生(富士フイルム)、勝田晴彦(DIC)、北村孝司(千葉大学)、小泉 勝(凸版印刷)、土井邦博(三菱製紙)、出井豊二(京都女子大学)、長瀬公一(東レ)、中谷康一(コニカミノルタ)、谷口 昌(共同印刷)、二見一男(東京工芸大学)、細川久雄(大日本印刷)、湯浅友典(室蘭工業大学)